近年話題のプライベートジムでのパーソナルトレーニング!

パーソナルトレーナーに指導してもらうことの大事さ

トレーニングにもいろいろな方法があります。スポーツジムでメニューを行ったり、自宅でトレーニングする方法もあります。今では地域の施設(スポーツセンター)等でもトレーニング設備が充実しているため、トレーニングに対する敷居が下がったと言えます。

また、トレーニング方法論も沢山出てきており、今では書籍やホームページなどで簡単に習得することが可能です。特にスマートフォンやパソコンから動画を確認することも可能になりましたので、伝わり難かった動作もよく分かるようになりました。

これらに共通して言えるのは、どの方法でも一定の成果が得られるのですが、やはり限界があるため、最も効率的でおすすめ出来る方法はパーソナルトレーナーの指導を受ける事と言えるでしょう。

・そもそもパーソナルトレーナーとは

パーソナルトレーナーと聞くとプロスポーツ選手が個別に契約するトレーナーを思い浮かべる人も少なくないと思いますが、実際には生活習慣病の予防やメタボリックシンドローム対策として一般人でも簡単に契約することが可能です。

具体的な仕事内容は、依頼者に対してマンツーマンでトレーニング指導及び食事指導を行っていきます。指導の内容については、依頼者毎に変わってきます。例えばボディビル選手であれば、筋肥大を目的とした指導を行いますし、ダイエット希望の人であれば、脂肪燃焼を目的とした指導を行っていきます。

これらの要望は非常に多種多様ですから、それぞれのニーズに合わせて的確な指導が必要になります。また、トレーニングで成功を収めるために最も必要とされている「モチベーションの向上・維持」についても指導して行きます。最終的には依頼者個人の意思が大きく反映する為、継続してトレーニングが行えるようメンタルの部分についても丁寧に指導しなくてはなりません。

・パーソナルトレーナーに必要なこと

筋力トレーニング、食事、メンタルケアと様々な指導を行わなければならないパーソナルトレーナーですが、実際に必要な資格などは有りません。究極な話しですが名乗るだけでもパーソナルトレーナーになることは可能です。とは言えきちんと仕事として行っていくには正しい知識が必要になるので、資格の有無はあまり関係ないと言えるでしょう。

パーソナルトレーナーになるにあたって必須の資格はありませんが、仮に公のスポーツジムに所属する場合には、そのジムが指定する協会(団体)の資格が必要になります。これにはいろいろな資格がありますが、資格取得の為にはパーソナルトレーナーが必要とされる知識を習得しているか確認する試験に合格する必要がある為、逆に言えばスポーツジムに所属しているパーソナルトレーナーは信頼度の高いトレーナーとも言えます。

パーソナルトレーナーにもデザイナーや美容師同様、経験や実績が付いて回り、それに応じて依頼数も大きく変わってきます。経験や実績等はパーソナルトレーナー選びの参考にすると良いでしょう。

・パーソナルトレーナーの重要性

パーソナルトレーナーの基本的な内容は紹介出来たと思います。パーソナルトレーナーが凄いトレーナーだと言う事はお分かりいただけたのではないかと思いますが、自分がトレーニングを行う上で何故必要なのか?疑問に感じている人もまだまだ居ると思います。パーソナルトレーナーに指導を受けると言うことは、当然指導料金が発生します。先ほど紹介した通り今ではインターネットで簡単にトレーニング動画を観る事が出来るようになったので、独学でもある程度のトレーニングを行うことが出来ると考える人も多いと思います。

確かに「ある程度」は独学のトレーニングでも成果を挙げることは可能です。しかしながら、誰しもが確実に目標を達成する事は難しいと言えるでしょう。ご自身でも友人・知人でも良いと思いますが、「ダイエットに失敗した。」「選考会で記録が伸びなかった。」と言うような経験もしくは話を聞いた事があるのではないでしょうか。

「独学でトレーニングが成功した」と言う話をよく聞きますが、それ以上に失敗談は転がっています。ですがイチイチ失敗談を報告することはありません。これはニュースと同じことです。何か特別な事が起きたからニュースになるわけで、日常生活をイチイチニュースで報告しませんよね。ニュース等で紹介されると「良くある事」の様に感じてしまいますが、実際には「ほとんど無い事」だからニュースとして紹介されているわけです。同様にほとんど成功者が居ないにも関わらず独学でトレーニングが成功したからこそ話題性があり人の記憶に残るわけです。

そういう事情を鑑みると如何にパーソナルトレーナーが重要なのかお分かりいただけると思います。パーソナルトレーナーは、個人の目標や体調に合わせてトレーニングメニュー、食事メニューを考えます。また、進捗具合に合わせて内容を調整したり、メンタルケアを施したりしていくので、より適切なトレーニングをトータル的に行うことが可能となるのです。

もし、パーソナルトレーナーが居なければ自分がどの程度成果を挙げているか客観的に判断出来ません。この状況で気分的に落ち込んでしまうこともありますが、この場合もパーソナルトレーナーが居ればメンタルケアを行ってくれるので、改めて前向きな気持ちでトレーニングに取り組むことが出来るでしょう。

「目標を確実に達成する」と考えた場合パーソナルトレーナーに指導してもらうことは非常に大事と言えるでしょう。